思い切って海外生活を始める!

広告

勇気をもって海外生活を始める!

 海外で生活を始めたとき、期待と新鮮な毎日でとても刺激的だった、毎日がとても面白く、何か新しい発見を毎日探しているようでした。一番の問題は言葉の問題で私は日本人なので漢字を知っているので、まあなんとかなるかぁ!そんな気持ちで中国に行った。今考えると無謀でもあるけれど、ユニークな決定でした。

  何年も海外に住むことを考えていたので、それが実現したときは達成感がありました。日本で生活していたときいつも考えていたのは、毎日が平凡で明るい希望というか楽しい未来が想像できなくて、いつもこのまま何年も過ごして意味があるのだろうか?と思っていました。年上の人が大病を患って亡くなったりすると、このまま自分もチャレンジせずに亡くなってしまう・・・と考えるようになりました。

 

 私が日本にいてよく感じていたことがあります、たまに 「あなた変わってるね!」と言われた事が少なくないのですが、その背後に 「あなたは異質ですよ」という悪意とは言わないですがそういう気持ちにさせられました。今思うとそういう人の方が相当変わっていると本当に思います。なぜかって?世界には私以上にもっともっと変わった人が五万といるからです。そういう外国社会に住んでいると、日本人の文化は、人に平凡である事を社会が要求しているように感じます。私は日本が大好きですし、日本の文化も素晴らしいと思います!ただ私がこうしているのだから、あなたもこうすべきだという変な要求が多いところは日本の良くないところだと思います。

 

海外生活の最初の問題点 

 私は外国に住むという決定をして本当に良かったと思っています。本当に沢山の事を学びました、いいえ今も学んでいます! 外国に行って後悔している人も知っていますが、私はそう感じた事は一度もありません。今もし昔にさかのぼって昔の自分に会えたら、頑張れ!迷うな!いい決定だぞ!とエールを送ります。

 外国にすんで大変な事がなかったわけではありません、沢山ありました!書ききれないほどです!そのことについて、またいつか書きたいと思います。

 その中で一つ挙げるとすれば、言語の問題でした!私は自分では英語を少し勉強していたので外国語を学ぶのは得意と思っていましたが、全くそうではありませんでした。言葉が通じないというのは大変なストレスの原因になります。最初は買い物や生活の基本的な部分もろくにできない状況で助けれくれる現地の方に頼りきっていました。彼らも私の為に時間を割いてくれるので、なんとかお返しをしたり、感謝を表していました。日本では全くそんな経験をしたことが無かったので、必然的に人に感謝をする事の重要性を学びました。ここから彼らに感謝すると、彼等は必要以上に助けてくれます。そうなると私も嬉しくなるので、また感謝をする、そんな事が続いているうちに友達が増えて、相談を受けるようにになって更に信頼関係が出来ていきました。日本にいるときにカウンセリングを仕事とは別にしていたのでその事が大変役に立ちました。

 人と密に接することで私は色々学べたと思います!

続きは次の記事で!!

 

最新情報をチェックしよう!