国境を越えた友情 友人が教えてくれた国際感覚

私が中国で生活していると、とても多くの人が私を心配してくれる!

大体私に聞いてくるのは 

「中国人は日本人が嫌いなのではないのか?」

「反日教育を長年受けているので、日本に対する偏見が凄いのではないのか?」

「偏見を持たれていないのか?」

 

こんな事を心配してくれる。

とてもありがたい!!

 

友人はしばらく色々と聞いた後に

 

「食生活は???」とか「生活は大丈夫か?」

 

と聞いてくれます。

友人が教えてくれた国際感覚
広告

世代によってかなり違う

最初に私が中国で生活を始めると決めた時、私も中国の方が日本人を大変嫌っていると考えました。

大変不安だったのですが、克服できると思い 移動を決めました。

 

私も移動をした後に少しづつ分かってきたのは、日本人を嫌っている人も少なからずいるのですが、

日本を好きな人がそれを上回るという事でした。

 

日本人を嫌っている人は大体、60代以上の人が多いような気がします。

 

ある時公園で地元の中国人と話していると、60代ぐらいの男性が会話に入ってきて!

血走った目で、力強く腕を振りながら

「日本は敵だ!! どれだけ中国人を殺害したのか知っているのか!!」

と 言ってきた。戸惑ったのですが・・・・

 

私は心の中で・・・・

少し可哀そうに思っていた、何故だかわからないのだけれど・・・・

 

 

 

しかし!!皆さんもご存知だと思うのですが

若い人は日本が大好き!!!

 

ここにいると ワンピース スラムダンク 宮崎駿作品 などが大変人気で

この話題で話をすると、幾らでも話が出来る!!

 

日本に行きたい! 日本の文化を学びたい!!

 

そんな人が沢山います。

でも私が感じるのは 今彼らは日本にあこがれを持っていると思うのですが

心の中で日本を抜いてやる!! そんなことを思っているのがよく伝わります。

何というかギラギラしているというか、貪欲に前に前に・・という感じです。

 

日本に戻って若い人と話していると

彼らは何か おとなしい 飼いならされたペット のような感じがしてしまいます。

ちょっと偏っていると思われるかもしれませんが、本当にそう感じます!!

 

私達日本人は、10年先20年先の事を考えていないような感じがします。

明日、来週、考えても来月まで・・・

 

私の結論は

もっとイノベーションをもった、生活をしていかなければ!! というものです!!

私の友人

中国で生活を始めたばかりの時(そのことはまだ中国が少し怖かった)忘れられない体験をしました!!

 

私の中国人の友人と一緒に買い物に出かけて、個人商店に入った時の事

 

店で物色していると、中国人の友人との会話から、店主が 私が日本である事に気づいたようで

 

大きな声でこう言う

「俺は日本人が大嫌いだ!!!」

「日本人が俺らに何をしたのか 知っているのか!!」

「こんなことも!あんなことも!」

  正直言って早すぎて何言っているのかわからなかった。

 

正直怖くて、動揺した。

何も言い返せなかったことと、相手の迫力に押し切られたからだ!!!

 

固まった自分が少し悔しくも思った。

 

 

その時!!!

中国人の私の友人が

大変大きな声で

「お前は中国人の恥だ!!」

「何も知らないのはお前の方だ!!」

「お前の知っている日本人は誰だか知らないが 

   私の友人(私の事)はお前の言っているような日本人ではない!!」

 

はっきり彼は言い切ってくれた。

 

感動した! 本当に感動した!!!

 

何かその時に、国境を越えた友人関係を心から感じたからです!!

 

きっと、人と人との繋がりはこういうものだと思った。

中国といういわばアウェーの環境の中でこういう経験をすると心に強く印象に残る。

海外で生活をした方なら私の気持ちを分かってもらえると思います。

 

世界にはこういう温かい心を持った人がいる

 

残念ながら日本をヘイトする人もいる事は事実!!

でも

ピンチにおちいったとき助けてくれるのは本当の友のだ!!!確信した
これは国を超えた感覚です!!

海外生活の経験は貴重ですね!!

 

 

最新情報をチェックしよう!