聖書には知恵が沢山

聖書と武漢コロナウイルス

sheepdog
こんにちはシープドックです!
sheepdog
このブログでは生活のストレスを少なくする方法を紹介しています

今回は2020年1月から猛威を振るうコロナウイルスについて興味深い事を発見しましたので紹介したいと思います!!

いつもと少し違うパターンになっていますのでご了承下さい!

私は海外に住んでいますので 色々な国の人の友達がたくさんいます。
そんな友達と話していると、日本人には無い習慣や考え方に出会います。

もちろん受け入れがたいものも沢山あるのですが、考えさせられるものも沢山あります。

世界には沢山の宗教があるのですが、

特にキリスト教、イスラム教、ユダヤ教は共通点も多く

良く調べてみると、一人の創造者を神としています。

日本人には無い創造者という概念です。

私も聖書を読んで色々考えたり、文化を理解したり、生活に取り入れる事も時としてあります。

まあ、聖書を知らないと海外では相手にされない事も知っていますから・・・

ある西洋人の友人とコロナウイルスの話をしていると彼がこんな事を言いました!

「私の国では絶対にコロナウイルスが発生源になる事が無いと思う!!」

話を聞いていくうちに

文化の違い以上に少し衝撃を感じました!!

広告

コロナウイルスが媒介する動物を食べない

今回のコロナウイルス原因を2020年の2月の段階では特定をしていないのですが

武漢にある野生動物を食用にする市場が原因とする見解が多くあります。

もちろん中国では、法律上 野生動物を取引するのは違法なのですが

2兆1800億円といわれる巨大市場を黙認しているような報道が沢山見かけます。

野生動物が原因となって病気が蔓延したケースとして

SARSウイルスが有名で
これは ハクビシン という動物が原因だと言われています。

今回の武漢で発生したコロナウイルスの原因は

イギリスのBBCの日本語サイトでは
コウモリ ではないかと疑われているのです。

コウモリは食べれない
コウモリは食べれない

参照サイト
中国の野生生物の売買禁止、ウイルス流行後も「永続を」

実は先ほどの友人はユダヤ教徒で彼らは食べてはいけない動物の肉をはっきり決められています。

皆さんはイスラム教徒の人が豚肉を食べない事を知っていると思いますが、

イスラム教徒の人もユダヤ教徒の人も食べてはいけない肉は共通点が多いのを知っていますか??

なぜでしょう??

それは

創造者である神が、イスラム教徒も、ユダヤ教徒も、キリスト教徒も信じている人に命令を出しているからです。

誰ですか??

それはモーセという人物です。

紅海という湖を二つに分けて湖を渡ったと言われている人です。

この話は有名で、大昔では十戒 という映画や

昔では プリンスオブエジプト という映画にもなりました。

懐かしいですね!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プリンス・オブ・エジプト [ (アニメーション) ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2020/2/11時点)

楽天で購入

直ぐにご視聴したい方はこちらからどうぞ

プリンス・オブ・エジプト (吹替版)

十戒 (字幕版)

この中で、創造者の神がモーセに法律を与えます。

その中に、たくさんの食べてはいけない動物が挙げられていて

その一つが、

そう

コウモリなのです。

レビ記11章19節にはっきり書かれています。

参考 レビ記11章はこちら

つまり

ユダヤ教徒もイスラム教徒もキリスト教徒も

コウモリを食べてはいけない事をはっきり理解しているのです。

因みに聖書が書かれたのは今から約3500年前・・・

今考えてもとても科学的に正しいと思います!!

.

聖書にはコロナウイルス感染者を隔離する命令があった

sheepdog
今回のコロナウイルスの潜伏期間を聞いたことがありますか??
迷い猫
確か2週間ですよね!
sheepdog
そうなんですよ!

厚生労働省も潜伏期間を2週間と定めていますが

これは

WHOによる指示も関係しています

参照資料

厚生労働省

新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)

WHO こちらは英語版です 翻訳を設定すると日本語でも読めます

参考資料

WHO コロナウイルスに関するQA

私の友達にキリスト教の方がおられるのですが

コロナウイルスの隔離期間が聖書に書いてあると言われました。

レビ記13章4-5節

にはっきり書いてあります。

参考資料

レビ記13章はこちら

聖書には、らい病(病原体に侵された人)をまず7日間隔離し

当時の祭司(今でいう牧師)に、
その病気がらい病かそうでないかを判断してもらう事が決められていました。

さらに

怪しいようであれば、さらに7日間隔離され

もう一

度祭司に判断してもらわなければなりませんでした。

そう

合計14日間です。・・・・・

3500年前の中東と祭司
3500年前の中東と祭司

私は厚生労働省やWHOの資料を見て隔離の時間が14日間と知りましたが。

古代のイスラエル人はとっくの昔にその事を知っていたことになります。

因みにこのレビ記は今から3500年前にモーセによって書かれたものです。

この事を聞いて

私は聖書の文化の深さと、正しい科学を感じました。

ともかく

なぜ モーセがそれを知っていたのか?

とても疑問が湧きました。

.

まとめ

  2020年1月からひどくなった 武漢のコロナウイルス
最新科学が懸命になって、拡散を止めようとしていますが、なかなか思うように進んでいません。

私達は最新の科学や医療が信用できると確信していますが、

それでも

過去に聖書に書かれていることが、現代の最新医療と同じであったり

人間が食べてはいけない動物が存在していることを辛い経験から学ぶことになりました。

聖書がただの書物ではない事をまざまざと考えさせられました。

もっと過去の知恵の価値を感じました。

過去の偉人の知恵を学ぼう
過去の偉人の知恵を学ぼう

武漢コロナウイルスに感染しておられる方や

残念な事に亡くなられた方の事を思うと心が痛みます。

どうぞ

様々なアドバスの情報を得て

あなたとあなたのご家族を守る事を第一に考えてください!

あなたの人生あなたが決める

このアドバイスがお役に立てれば幸いです!

.

聖書には知恵が沢山
最新情報をチェックしよう!