ストレスを引き起こしかねないバランスを崩す思考から自分を守る

広告

誰もが陥るバランスを崩す思考

私の所に相談に来る方に見られる傾向としてこういう方がいます。

「私はよく失敗します。この間も自分は何でこういつも失敗してしまうのだろう?と思います。きっと次も失敗しそうで怖いです。こんな事をやらせる会社に問題があるのだと思います。」

 

 皆さんこの考え方のどこに問題があると思いますか?

 このように感じる人が、
 私は日本人にとても多いような気がします・・・・・・

 

 この方の問題は自分を客観的に見ていないというところです。
全体を見ていませんし、とても断定的(・・・に違いない)になっています。冷静に考えてみると失敗しただけの事だったのです。

もしいつも失敗しているのであれば生きていませんし、仕事を続けることは出来ていないでしょう。失敗をしたかもしれませんが いつもではありませんし次も失敗するとは限りません。


 明確な根拠もないのに、自分はいつもダメとか次も必ず と決めつけてしまいそれがストレスを生んでいる事です。

 

 これをバランスを崩す思考と言います。

 例えば 

   すべて自分のせいだと考える。
     「自分がミスしたので試合に負けた。」

   すべて自分以外のせいにする。
     「あいつがミスしたので試合に負けた」
     「自分の生い立ちが悪いので結婚相手が見つからない。」

   他の人を断定する。
     「あいつは本当にだめな奴だ!」
     「あの人はいつも怒っている!」

   白黒をつけたがる。
     「これが出来ない奴は生きていく資格がない。」
     「これに勝ったら成功だ!それ以外は失敗だ!」

 

 これはどれもあなたにも経験ある考え方ではないでしょうか?
普通の場合、自分で「バランスが崩れているなぁ」と気づいたり、周りの人が気づかせてくるのでバランスを取ることが出来ます。

 ただいつもこのように考えてしまうと、長期的なストレスとなってしまいあなたに多大なプレッシャーを与え続けてしまいます。

 

ストレスを引き起こしかねないバランスを崩す思考から自分を守る

自分の思考の癖を理解しよう

 正直に自分を分析してみて、バランスを崩す思考になっているという事をまず自覚するのは大変大切です。

私たちは調子もいい時もあり、悪い時も有るので一概には言えないのですが・・

 まず!!あなたの自然な思考の癖を理解しましょう。

 つまり あなたが自然に思い浮かぶ考え方の癖を理解するのです。

 

 例えばこんな話があります。

 ある母親に二人の娘がいて、一人は洗濯屋に嫁いでいき、もう一人はかさ屋に嫁いでいきました。母親は毎日大変気が重くつらい毎日を送っていました。

 なぜでしょう?彼女は毎日毎日天気のことで悩んでいたのです。雨が降った日は洗濯屋に嫁いだ娘の事を思い、洗濯物が干せているだろうか?と悩みます。晴れた日は、かさ屋に嫁いだ娘を思い、かさが売れているだろうか?と考えてしまうのです。

 

 この母親は自然な思考の癖が ネガティブというものであるという事が分かりますね!


 反射的に物事をネガティブな事といつも結びつけてしまうのです。

 

これが本当に恐ろしいのは意識せずにネガティブと結びつけている事です。

 

 よく考えてみましょう!こんな改善方法があります!!

 

 先ほどの母親は考え方ひとつで全く違った一日を送れるようになりました。なぜでしょう?


 ある日彼女の夫(二人娘の父親)がこう提案しました。

「雨が降った日はかさ屋に嫁いだ娘を思い、商売が繁盛していることを考え、晴れた日は洗濯屋に嫁いだ娘の事を考え、商売が上手くいっていると思えばいいんだよ。」

 

 皆さんはなんだ!!そんな事か!!と思うかもしれません。

 

 しかしこれが出来ない人が日本人には大変多いと思います!! 私は外国に住んでいますのでそれがよくわかります。日本人の社会がそうなるような空気になっているのではないかなぁと思います!!

バランスを崩す思考から自分を解放する方法

 

ではどうすればいいのしょう?

 

ここで一つの有名な方法をご紹介します!

ジェームスペネベーカー博士という方が提案する 簡単な方法です。

それはエクスプレッシブ ライティングという方法です
この方法でストレスの原因を理解することが出来ます。

方法は大変簡単です。

 自分が感じたネガティブな感情や経験を詳しく書くだけです。

  何でもかまいません!! 
      あの人にイラついた!!とか、思い出したいことが思い出せない!!とか

  大切なのは、包み隠さず書き出すことです。

 

期間は最低4日間以上一日20分以上やってみる! という事が条件です。

 

ジェームスペネベーカー博士はこの効果として以下の効果を上げています。

 

  • 幸福感がUPする
  • ネガティブな感情が弱まる
  • うつが軽くなる
  • 不安が少なくなる
  • おだやかになる
  • 知能が改善する

 

良い事ばかりだと思いませんか???ストレスが薄らぐだけでなく、頭も良くなるんですから!!

私もやっていますが、大変私は効果があると思います。相談に来る方にもお勧めしています。

 

なぜこんな事が起きるのでしょう??

 

 この方法は、ストレスを書き出すという事で、ストレスを整理し脳を効率よく働かせることが出来るようです。私たちは物事を同時に色々おこないます、仕事をしながら、様々な予定を考えたり、不安を持ったりしている状態です。ストレスの原因を書き出すことで脳の中から悩みをいったん外に出すことができ、脳を効率よく働かせることが出来るのです。

 

 簡単に言うと、頭からストレスを別の棚に移すようなイメージです。脳からストレスを切り離す効果が期待できます。

 

最後にすることは、自分が書き出したストレスを客観的気に見てこう自問します。

  • このストレスは私にどんな影響を与えてくるだろうか?
  • このストレスは自分の将来にどうつながるだろうか?プラスになるだろうか?
  • このストレスは家族や友人にどんな影響を与えるだろう?ダメージを与えてはいないだろうか?

こうすることで

自分の持っているストレスを客観的に見て、形にすることが出来るのです。

 

解決をしようと思わなくて全然かまいません!!

大切なのは形にする事なのです!!

 

まとめ

 誰もが自分の思考の癖を持っています。まずその癖を理解しましょう!!ストレスを生んでいるのはあなたが持っているかもしれないネガティブな感情かもしれません。癖ですから、良いとか、悪いとかを言っているのではありません。自分で理解することが目的なのですから。

 エクスプレッシブ ライティングという方法を使ってストレスを頭から切り離し、客観的に見るようにしましょう。簡単です、書いて考えるだけでいいのですから!!!

 

 ストレスが溜まってきなぁと思ったあなた!!是非一度試してみてください!!

 

あなたの人生あなたが決める

このアドバイスお役に立てれば嬉しいです!!

最新情報をチェックしよう!